美容室のカラーとセルフカラーの違い。

こんにちは。山本です。

コロナが収束の目処が立たない中で、

「カラーくらいは自分でやろうかな」

という方も多いのではないでしょうか?

今回は簡単にではありますがサロンカラーと市販カラーの違いについてまとめたいと思います!

 

 

・サロンカラーと市販カラーの違い。

 

 

ブログ画像

 

 

カラーの種類が沢山あるので今回はアルカリカラーの違いについてです。

アルカリカラーは一番よく使われているカラー剤で、
髪を明るくしながらカラーリング出来るという特徴があります。

簡単に見分ける方法は1剤と2剤を混ぜるカラー剤かどうかといったところでしょう。

そんなアルカリカラーも大きくわけて二つの種類があります。
それが、アルカリタイプ、微アルカリタイプです。

二つ違いとしては、

明るくする作用が強い→アルカリタイプ
明るくする作用がほぼ無い→微アルカリタイプ

という違いです。

実はこの違いがサロンカラーと市販カラーの決定的な違いとなっているのです。

・アルカリ、微アルカリの違いとは?

 

この違いを説明する前に知っておいてもらいたいことがあります!

それは、髪を明るくするときにダメージする
ということです。

髪は明るくすればするほどダメージをしてしまいます。
金髪の人が艶が無く傷んで見えやすいことをイメージするとわかりやすいですね。

ダメージをさせない為に大切な事が「必要以上に明るくしないこと
それを実現する為に微アルカリのカラー剤というものがあります。

アルカリカラーは「明るくしながら色を入れる」のに対して、
微アルカリカラーは「明るくしないで色を入れる」という違いがあります。
この違いこそサロンカラーと市販カラーの違いです。
sisiでは明るくしたい所のみアルカリカラーを使い、他は微アルカリカラーを使いダメージを最小限にしています。

市販のカラー剤は失敗を避ける為、アルカリカラーで売られているのがほとんどです。
その為市販のカラーで染め続けると「気づかないうちに髪がボロボロ・・・」ということになってしまいます。

・まとめ

長くなったので簡潔にがまとめます!

・セルフカラーをするときは黒髪を明るくするときだけ!
・全体カラーをするときはサロンに行く!
以上です!
長くカラーを楽しむためにも守って下さいね!


カテゴリー  未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>