カラー講習

こんにちは。山本です。

新形コロナウイルスも収束の兆しもなく、東京ではまた感染者が増えてきていますね・・・

更に九州や長野での大雨による河川の氾濫。

少しでも明るいニュースがあるといいのですが・・・

 

そんな中、緊急事態宣言が解除されたことで、延期されていたカラーの講習が始まりました。

検温、マスク、消毒、ソーシャルディスタンス、換気、あらゆるコロナ対策をした異例の講習でした。

 

講習の内容は、ヘアカラーについてです。

色とはどういうものなのか?というところから始まり、カラー剤の仕組み、2液の役割などについて細かくレクチャーを受けました。

アンダートーンという髪の明るさのコントロールが大切で、ダメージや退色に大きな影響があるということを学びました。

 

B5B51D64-C81D-4693-96D2-C688C96C00AC

※上の写真がアンダートーンといわれるもので、ヘアカラーでは色を抜く作用と入れる作用が同時に行われています。

 

カラーをしていて、「時間がたつと明るくなるのが気になる。」「染めてすぐはいいけど時間が経つとツヤがなくなってくる」という方も多いと思います。

これらの悩みはアンダートーンと深いかかわりがあります。

 

今回の講習でそういった悩みを解決できる方法を学んできたので、お気軽にご相談下さい!

 

 


カテゴリー  未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>